Foundation 6.2で開発すると、ウェブサーバーが勝手に立ち上がる 超便利な特典です

Foundation Browsersync イメージ browsersync

foundation watchでコンパイラを起動して、ふと下の画像の赤丸に目が行きました。

Foundationのテンプレートが立ち上がるのは知っていましたが、URLまで気にしていませんでした。表題はFoundation 6.2でなんて書いてますが、きっと前からあったのでしょう。

Foundation Browsersync イメージ2

テンプレートがLocal: http://localhost:8000の方なのですが、UI: http://localhost:3001って何だろう。開いてみて分かりました。「Browsersync」というテスト環境が立ち上がっているのだそう。

これまで全く知りませんでした。わざわざレンタルサーバーに上げて、いろんなデバイスでカチカチと確認していたのは何だったのか・・・

Browsersyncは簡易的なウェブサーバーで、使っているPCで立ち上がっています。Foundationのテンプレートは、このport 8000で公開されていて、同じネットワーク内であれば他のデバイスからもアクセスできます。

しかも自動でリロードされるので更新のたびに読み込んで、ということが不要です。さらに、接続しているデバイスのブラウザがすべて同期されるので、どこかでスクロールバーをいじっていると、すべてのデバイスで同じスクロールした画面が表示されるそう。

知ってましたか?こんなこと。

Browsersyncサイト
https://browsersync.io/

かつては、Windowsのフリーソフトのウェブサーバーを立ち上げて嬉々としたり、Apacheとかもさわってみましたが、ローカルでウェブサーバーってセキュリティー的にどうなんだろうか、なんて思ってました。

それが、知らないうちに、まんまとサイトを公開していたなんて不覚でした。今後は大いに活用していかないといけませんね。

コメント