2016-02

bower

foundation6でhtml5shivを使う bowerでインストールしよう

foundation6のテンプレートを見て、最初に思ったこと。「htmlshiv.js」はどう使うのだろう。 そういえば、Google codeのCDNも終了していたなとググってみる。どうやら、今年の1月25日でサイトが閉鎖されてGi
foundation

まちがいないfoundationの制作環境 Windows10のインストールからやり直す

foundationの制作環境をうっかり、壊してしまいました。せっかくエラーが出なくなったのに痛恨のミスです。 次の記事で書く予定のbowerのPathを通そうと、Windowsの環境設定をいじっていたら、なぜかPathが切れてしまい
foundation

foundation6のHTMLテンプレートを見てみよう

まずは、foundation6のHTMLテンプレートを見てみましょう。 下記は、foundationのinstallationのサイトで公開されている「HTML Starter Template」です。 CSS版のfou
foundation

foundation6のwatchオプション コンパイラの使い方 起動と終了

foundation6のwatchオプションでコンパイラが使えます。 SassやCompassと同じで、Project/srcフォルダのファイルの変更を監視して、必要があれば/distに書き出してくれます。 1. コマンドプロン
foundation

distフォルダーはどこへ行った “foundation watch”から始まるサイト作成

さて、そろそろ本題に入ろうと思います。 まず、Project内のsrcフォルダ内で変更したものが、distフォルダに出力されます・・・・あれ、distフォルダがない、、 しばらくいじってみて分かりましたが、"foundation
foundation

“foundation new”でエラーが出なくなった Pythonのダウングレードとnode.js再インストール

"foundation new"でProjectを作成する際に、少なからずエラーが出ていました。大きな影響はないかなと無視を決め込んでいましたが、今日はずいぶんとエラー出まくりです。 そういえば、別件でVBをいじってみたくて「Visu
foundation

foundation6で作ったProjectが消せない件 外部ディスクのルートに作ってみた

前回、foundation6で作ったProjectが消せない件について書きました。 Windowsの仕様で260文字以上のファイル名はサポートしないのですが、Projectに配置されるファイルのパスがそれ以上になってしまうようです。