foundation6でhtml5shivを使う bowerでインストールしよう

bower インストール3 bower

foundation6のテンプレートを見て、最初に思ったこと。「htmlshiv.js」はどう使うのだろう。

そういえば、Google codeのCDNも終了していたなとググってみる。どうやら、今年の1月25日でサイトが閉鎖されてGitHubに移行しているようです。

『「Google Code」、2016年1月25日に閉鎖へ GitHubへの移行を奨励』
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1503/13/news055.html

GitHubを探してみると、ありました。
https://github.com/aFarkas/html5shiv

なるほど、bowerでインストールするとセットできるようです。

foundation Command-Line Toolをインストールした際に、bowerもインストールされているのを見ていたので、bowerのあるディレクトリで

と試してみます。成功しました。

ただPathが通っていないので、Windowsの環境変数をいじって・・・とやったら前回の記事のような事態になってしまいました。

また同じことになっても困るので、再度インストールしてみます。

1. bowerのインストール。npmでグローバルオプションを付けてインストールします。

bower インストール1

2. bowerのインストールが完了しました。
bower インストール2

3. html5shivをProjectのデイレクトリにインストールします。

html5shiv インストール イメージ1

4. インストールが完了しました。Windowsのフォルダを確認してみると、こんな感じです。
html5shiv インストール イメージ2

あとはhtmlファイルのヘッダーに以下を書いてあげればいいようです。パスがちがうような気がするが、いいのだろうか?

 

コメント

  1. […] ちょっと気にしていたのは、html5shivの件でした。 「foundation6でhtml5shivを使う bowerでインストールしよう」 […]