Foundation 6 macOS Sierraにnpmでインストール Node.js編

Node.jsサイトのイメージです foundation

Foundation 6をmacOS Sierraにnpmでインストールする手順。今回は、Node.jsのインストールです。

Node.jsはJavascriptの環境で、Node.jsをインストールするとnpmも使えるようになります。ここまで、Xcode、Homebrew、Nodebrewの順でインストールしてきましたが、Node.jsの単独のインストーラーも提供されています。

こちらの、Node.jsのサイトをご参照ください。

Node.js

では、インストールの手順です。

1. ターミナルを開きます。

2. Nodebrewでインストールできる、Node.jsのバージョンを確認します。

ずらっと出てきました。

Node.jsバージョンのイメージです

3. 最新版と思われる、v.7.5.0をインストールします。

‘v7.5.0’とバージョンを指定する代わりに、’latest’とすると最新版をインストールしてくれます。
‘install-binary’とせず、’install’とすると、かなりの時間がかかるそうです。

4. 実行してみました。

Node.jsサイトのインストール失敗イメージです

curl: (23) Failed writing body (0 != 2310)

5. 失敗しました。.nodebrew/srcのディレクトリが作れずにエラーになるようです。

ディレクトリを手動で作った上で再実行です。

Node.jsサイトのインストール成功イメージです
Installed successfullyと表示されました。

参考サイト:nodebrewによるNode.jsインストール手順-ITと服と食と

6. 使用するバージョンをv7.5.0に指定します。

Node.js useのイメージです

use v7.5.0と表示されました。

7. インストールされたバージョンを見てみます。

Node.jp list のイメージです

current: v7.5.0と表示されました。

Use of uninitialized value $a1 in numeric comparison (<=>) at /usr/local/bin/nodebrew line 675.
.DS_Store

みたいなエラーが出ていますが、ググってみるとなんだか仕方ないようです。

参考サイト:Node.js をバージョン管理できる体制でインストールする

8. Nodeへのパスを通します。

xxxxは自分のホームディレクトリ名を入れます。

9. では、Node.jsの動作確認です。パスを変更しているので、ターミナルを一旦終了します。再度起動してnodeのコマンドを入力し、実行します。

Node.js -vのイメージです

-bash: node: command not found えっ?ググります。

どうやら、パスの設定が読み込まれていないらしい。ホームディレクトリ内に「.bash_profile」というファイルを作り、以下の内容を入力します。

if [ -f ~/.bashrc ] ; then
. ~/.bashrc
fi

ちなみに、「.bash_profile」はターミナルのログイン時に読み込まれるファイルのようです。一旦終了し、再度ターミナルを起動します。

Node.js profile作成後イメージです

v7.5.0が表示されました。

参考サイト:nodebrewでnode.jsをインストール-kinalog

.(ドット)のファイルは隠しファイルなので、通常は見ることができません。上記の作業で確認のためにファイルを開きたいケースも出てくると思います。下記のサイトなどを参照してファイルを表示してください。

参考サイト:Macで隠しファイルを表示する方法 – Qiita

訂正です。

-bash: node: command not foundだった件。その場で、設定を読み込めば大丈夫でした。

10. npmの動作も確認しておきましょう。

Node.js npm -vイメージです

v4.1.2が表示されました。

一応、これでnpmが使えるようになりました。次回は最終目的のFoundationのインストールです。

ここまで、全般的に下記のサイトを参考にさせていただきました。

Node.jsをMacにインストールしてnpmを使えるようにする-Hirooooo’s Labo

コメント